免疫血清検査

免疫血清検査

免疫血清検査

人の体は、外部から侵入するウイルスや細菌などの異物を免疫系が認識し、それに対する抗体を作り、免疫が構築されます。

この免疫系が構築されることにより、同じ異物が体内に侵入しても、免疫系がこれを排除し、生体を守る仕組みになっています。

1つの抗原で作られる抗体は、その抗原だけに反応し、他の抗原に反応することはありません。

免疫血清検査とは、

  • 抗原抗体反応を用いて、ホルモン、腫瘍マーカー、血清蛋白など血中の微量成分の測定
  • 各種感染症における抗原、抗体の検出(おもに抗体)
  • 膠原病などの自己抗体の検出

を目的として行う検査です。

血漿蛋白

免疫グロブリン( IgG IgA IgM IgD IgE )
β2-マイクログロブリン(β2-MG)

補体

CH50(血清補体価)
C3(補体第3成分)
C4(補体第4成分)

自己免疫・アレルギー

リウマチ因子(RF)検査
抗ガラクトース欠損IgG抗体(CA・RF)
MMP-3
抗核抗体(ANA)
抗好中球細胞質抗体(ANCA)
抗ミトコンドリア抗体(AMA)
サイロイドテスト、マイクロゾームテスト
アレルゲン特異IgE抗体

感染症

CRP(C反応性蛋白)
KL-6(シアル化糖鎖抗原)
A型肝炎ウイルス検査
B型肝炎ウイルス検査
C型肝炎ウイルス検査
HIV検査
HTLV検査
インフルエンザ迅速検査
梅毒血清反応(STS、TPHA)
寒冷凝集反応
ASO(抗ストレプトリジン-O)

腫瘍マーカー

腫瘍マーカー
CEA(癌胎児性抗原)
AFP(α-フェトプロテイン)
PIVKA-Ⅱ
CA19-9
CA125
SLX(シアリルLex-i抗原)
SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)
CYFRA(シフラ)
ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)
NSE(神経特異エノラーゼ)
PSA(前立腺特異抗原)
CA15-3
可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)

ホルモン

成長ホルモン(GH)
ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)
TSH(甲状腺刺激ホルモン)
FT3(遊離トリヨードサイロニン)、FT4(遊離サイロキシン)
インスリン
C-ペプチド
HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
エストロゲン(E2、E3)
プロゲステロン
血漿レニン、アルドステロン
コルチゾール
BNP前駆体N端フラグメント(NT-ProBNP)