語句

気管切開(きかんせっかい)

のど仏の下のあたりに穴を開け、直接気管へ酸素を吸入し、肺へ空気を送ったり痰を吸引しやすくしたりすること。