計算・換算

看護配置数の計算|「○○:1」の考え方について

病院では、届け出た病床区分ごとに必要な看護職員の人数を「看護配置数」として配置する必要があります。今回は、療養病棟入院基本料の20:1を例に挙げて『病棟における看護配置数の計算方法』について説明していきます。

看護配置とは、その病棟に入院している患者様に対して必要な看護職員数を表しているものになります。

国に定められている病床の種類はいくつかに分かれているので、それぞれの医療必要度に合わせて看護配置数も異なり、急性期病床では医療の必要度の高い患者様が多く入院するので看護配置数は多く設定され、慢性期病床では急性期病床に比べて看護配置数は少なく設定されています。

この看護配置数は、患者様の人数に対しての看護職員の人数で表されていて、「○○:1(○○対1)」というふうに示されています。

看護配置数を表す「○○:1(○○対1)」

看護配置には、病床区分ごとに「7:1」「10:1」「13:1」「15:1」「20:1」「25:1」などの種類があり、この「○○:1」というのは「患者様の人数:看護職員の人数」を表しています。

つまり、「7:1」の看護配置では7人の患者様に対し1人以上の看護職員を配置する必要があり、「25:1」の看護配置では25人の患者様に対し1人以上の看護職員を配置する必要があります。

○○:1看護職員の配置
7:17人の患者に対し1人以上の看護師の配置
10:110人の患者に対し1人以上の看護師の配置
13:113人の患者に対し1人以上の看護師の配置
15:115人の患者に対し1人以上の看護師の配置
20:120人の患者に対し1人以上の看護師の配置
25:125人の患者に対し1人以上の看護師の配置

「7:1」ほど手厚い看護になる

看護配置では「7:1」の場合が患者様に対し最も看護師を配置していることになり、それだけ手厚い看護をしていることになります。

  • 「7:1」 → 7人の患者ごとに1人以上の看護師
  • 「25:1」 → 25人の患者ごとに1人以上の看護師

看護配置は、急性期病棟など医療必要度の高い病棟では多く配置するように定められ、療養病棟など医療必要度が急性期病に比べ低い病棟では少なくてもよい配置になるように定められています。

これは、急性期病棟の方が看護必要度の高い患者様が入院されるからです。

看護配置数の計算

看護配置数の計算を療養病床の施設基準を例に挙げ、3つの段階に分けて説明していきます。

  1. 看護配置数を計算するときの注意点
  2. 注意点を踏まえた看護配置数
  3. 実際の看護配置数はこのようになる

療養病棟入院基本料の必要看護配置数は「20:1」と「25:1」がありますが、ここでは療養病棟入院基本料1と療養病棟入院基本料2の必要看護配置数である「20:1」を使用して計算を行っていきます。

「20:1」の看護配置数では、患者様20人に対し看護職員を1人以上配置する必要があります。

①看護配置数を計算するときの注意点

看護配置数の計算では”患者様と看護職員の病院での滞在時間が異なる”ことを考慮しておく必要があります。

仮に60床の医療療養病床が満床であったときの必要看護配置数はどうなるでしょうか?

20:1なので、60床÷20=3人???

上記の計算式は大間違いです。

患者様は病院に入院しているので、朝・昼・夜、つまり一日中ずっと病院にいることになります。

それに比べ、看護職員は出勤して仕事が終われば帰ってしまいます。

そのため、「60床÷20=3人」の計算では看護職員が24時間住み込みで働き続けなければならないことになります。

このことを踏まえ、看護配置数の計算では”看護職員が1日に何人必要なのか”ということも考えなければいけないことになります。

1日(24時間)に必要な看護職員の数は?

入院患者様は朝・昼・夜の一日中病院にいるので、すべての時間に患者様の医療を行えるように必要な看護職員数を考えなければいけません。

ここで考えないといけないことは看護職員が1日の間に何人必要になるかということです。

看護職員の勤務時間は最大で1日8時間勤務、1日は24時間なので以下の計算式が成り立ちます。

24時間 ÷ 8時間(看護職員の1日の勤務時間) = 3人

この計算から1日24時間の間、常に病棟に看護職員が滞在している状態をつくるには3人の看護職員が必要だということが分かります。

②注意点を踏まえた看護配置数

「①看護配置数を計算するときの注意点」を考慮して必要看護配置数の計算式をつくるとと以下のような計算式になります。

( 入院患者数 ÷ 看護基準 ) × 3 = 必要看護配置数

入院患者様に対して○○人の看護配置(看護基準)を行い、それを24時間体制(1日に3人必要)で行うということです。

「患者数60・看護基準20:1」のときの必要看護配置数

ここで、最初に60床の医療療養病床が満床であったときの必要看護配置数を計算しなおしてみます。

( 60 ÷ 20 ) × 3 = 9人

患者数60人で看護基準が20:1の場合には最低9人の看護職員が必要ということが分かります。

同じように病床数が異なる場合の必要看護配置数を計算すると以下の表のようになります。

病床数(20:1)必要看護配置数
20床3人
30床5人(≒4.5人)
40床6人
50床8人(≒7.5人)
60床9人

※端数があるときには切り上げます。

③実際の看護配置数はこのようになる

実際の看護配置数の計算は、先ほどのような単純な計算ではなくもう少し複雑になります。

先ほどの計算ではすべての看護師が1日8時間必ず勤務することとなっています。

1日8時間勤務なので「8時間×5日/週=40時間」となり、1週間に40時間勤務することになります。

この40時間から1日平均の勤務時間数「40時間÷7日(1週間の日数)」を求めると、1ヵ月(30日間)の勤務時間数「40時間÷7日(1週間の日数)×30日≒171時間/月」を求めることができます。

ただ、有休を取得して長期休暇を取っていたり、病欠で傷病休暇を取っていたりすることもあり、必ずしも171時間/月という勤務時間にはならないこともあります。

また、非常勤の看護職員も混在しているため、実際にその病棟に所属する看護職員の人数だけでみれば、看護配置数の計算で求めた人数よりも多くなるのが当たり前です。

そのため、その病棟に必要な看護職員の勤務時間数を計算し、その時間を病棟に勤務する看護職員の勤務時間数の合計時間が満たしているかを確認する必要があるということになります。

看護配置数の計算(「○○:1」の考え方について)|まとめ

看護配置数の計算をして出た結果は、あくまでも人員基準を満たすことのできる最低人数であることを忘れてはいけません。

また、施設基準を満たすためにはさらに月延べ勤務時間数や1日平均入院患者数を加味した計算を行う必要があります。

その計算については別の記事でまとめます。