語句

中心静脈栄養(高カロリー輸液療法)

中心静脈栄養(高カロリー輸液療法)は、高カロリー輸液療法(IVH:Intravenous Hyperalimentation)や完全静脈栄養法(TPN:Total Parenteral Nutrition)とも呼ばれ、長期的に経口摂取が困難な方に栄養を補給するために用いられる方法です。

1日に必要なカロリー補給を目的とし、それを理由に濃度の高い輸液が必要になる為、血管が太い中心静脈(上大静脈、下大静脈)から輸液を行います。

※末梢の静脈からでは、血管痛や静脈炎などが起こりやすい。