語句

ドレーン(誘導管)法

体内(胸腔、肺野、腹腔内など)に貯留した消化液、血液、膿、浸出液などを体外に排出することを目的として、一定期間ドレーン(誘導管)を留置すること。