一般検査

一般検査

一般検査

一般検査は、身体からの排泄液・排泄物・分泌物や穿刺したあとの穿刺液などを検査するものです。

尿や便の検査や、脳脊髄液検査、胸水・腹水検査、精液検査などが含まれます。

尿検査

尿は、患者から得られる検体材料の中で、最も簡単に採取できる検体になります。その成分は、血液成分をある程度反映するので、腎疾患以外の疾患のスクリーニング検査としても行われます。

尿量
尿比重
尿pH
尿蛋白
尿糖
尿潜血
ビリルビン、ウロビリノーゲン
尿沈渣
ケトン体
尿中アルブミン
尿中N-アセチル-β-D-グルコサミニダーゼ(NAG)
尿中β2マイクログロブリン
尿中妊娠反応検査

腎機能検査

PSP試験
濃縮試験(フィッシュバーグ濃縮試験)

便検査

便性状
便潜血反応
寄生虫卵検査

胸水検査・腹水検査

胸水検査と腹水検査では、濾出液か滲出液かの鑑別を行うために、外観・比重・リバルタ反応・ルネベルク反応・蛋白量・細胞数・フィブリノーゲン量などをみます。

胸水検査・腹水検査

髄液検査

髄液検査は、中枢神経の感染症(髄膜炎、脳炎、梅毒)、くも膜下出血、脳・脊髄腫瘍などの疾患の診断に有用です。一般的には、液圧検査・性状・細胞数・総蛋白・グロブリン反応・糖・クロールなどの検査があります。

髄液検査

精液検査

精液検査では、精液の性状・色・粘稠度・運動率・奇形率・におい・pH・精液量・精子数などを調べます。

精液検査