コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(改訂)について

新型コロナウイルス感染症専門家会議の議論を踏まえ、一般の方々に向けた受診・相談の目安が改訂されました。

この改訂は、必要な方が適切なタイミングで医療を受けられる体制を確保することを目的に、

どのような方が、どのような場合に、相談・受診をするのが適切か

を示したものになっています。

1.相談・受診の前に心掛けてほしいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話をして相談する。

2.帰国者・接触者相談センター等に相談をする目安

この目安は、各個人が相談・受診する目安として示されたものです。

これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

少なくとも、以下のいずれかに該当する場合には、すぐに相談する(該当しない場合での相談も可能)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。
  • 上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。
    (症状が4日以上続く場合は、必ず相談する。症状には個人差があるので、強い症状と思う場合にもすぐに相談する。解熱剤などを飲み続けなければいけない方も同様です。)

(※)重症化しやすい方

高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

相談窓口について

相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称がことなる場合があります)の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあります。

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に相談する。

お子様がいる方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで相談する。

3.医療機関にかかるときのお願い

複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例があるので、複数の医療機関を受診することは控えてください。

医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をしてください。